業務請負について

業務請負とは?

請負とは、労働の成果としての仕事の完成を目的とするもの(民法632条)ですが、労働者派遣との違いは、請負には、注文主と労働者との間に指揮命令関係を生じないという点にあります。

アシストジャパンについて

適正な業務請負の基準

(1)請負事業主が、請負業務に従事する労働者に対して、直接業務指示をし、その労務管理の全てを行っていること。

(2)請負事業主が、請負業務遂行の為に要する資金の全部を自らの責任の下に調達し、且つ支払っていること。

(3)請負事業主が、請負業務で使用する機械・設備・器材・材料などの全てを自ら調達・準備していること(単に労働力だけを提供するものでないこと。

(4)請負事業主が、請負業務に対して、民法などの法律に規定された事業主責任を全て負っていること。

労働者派遣事業と業務請負事業の違い

派遣事業と請負事業は、どちらも雇用先と勤務先が違いますが、勤務形態がそれぞれ異なります。

派遣事業とは、派遣元となる派遣業者に雇用されている者を、派遣先となる事業所へ派遣して、かつ派遣先の指示命令のもとで労働サービスを提供する雇用形態。

請負事業とは、請負契約(請負元が相手方に対し仕事の完成を約し、請負先がこの仕事の完成に対する報酬を支払うことを約する内容とする契約)に基づき、製造・営業等、業務を一括して請け負う形態。